ペット災害危機管理士はペットの命を守る資格です

ペット災害危機管理士とはペットの災害発生時の危機管理の知識を学ぶ資格で、一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定したものです。


国は災害時のペット同行避難を勧めていますが、一般にはまだ知られていないのが現状です。

災害からペットを守れるのは飼い主だけですが、災害対策に関する意識は低いので災害時に混乱することが懸念されます。

ペット災害危機管理士は、ペットとの同行避難で責任を持つ飼い主や現場で知識を活かしたい事業者に向け、ペットの命を守るために作られました。

気軽にペット災害危機管理士のココだけの話をしましょう。

ペットの命を守ることは人の心も救うことにも繋がるので、防災意識を高めて防災、同行避難できる正しい知識を身に付けることはとても有意義なことです。
関連事業に従事している人がペット災害危機管理士の資格を取得すると、動物の防災対策について指導することができます。



トリマーやペットのしつけトレーナー、動物看護師はもちろんペットを飼っている全ての飼い主に有効な資格で、飼い主は災害が起きた時のことを想定した準備から避難が実践できるようになります。



実際にペット災害危機管理士資格を取得した人は、災害ボランティアや関連する全ての仕事場で活躍していて、消防団に所属する者にも役立つ資格です。
災害時は人間もペットもパニックになる可能性が高く、事前にシミュレーションしておかないと最悪の場合、命を落としてしまうかもしれません。
大切なペットの命を守るために、ペット災害危機管理士の資格を取得しましょう。