公認動物看護師について

動物看護師になるためには国家資格は必要ではなく、資格がなくても動物に関わる様々な機関で働くことができます。
しかし最近では動物看護師の需要が高まったことにより、看護師資格の養成制度と法整備が進められ、公認動物看護師が設立されました。
公認動物看護師になるためには、養成機関である専門学校や大学を卒業し、そこでの試験に合格する必要があります。
試験の難易度は低く、合格率も高い傾向にあるようです。

公認動物看護師の資格を有した後は、動物病院やペットショップ、トリミングサロン、研究機関など様々な場所で活躍することができます。


動物看護師の仕事内容としては、獣医師の獣医療をサポートすることが中心的な仕事内容となります。

具体的には、外来の受付やカルテのファイルなどの管理業務や、診療や検査の補助として消毒、検温、体重測定、器具の準備、入院している動物の世話や管理、病院内の衛生管理、掃除など多岐にわたります。
特に獣医師の医療補助を的確に行うために、検査や手術の手順の理解や、動物に対する扱いに長けているといったサポートを求められる職業です。

公認動物看護師を知りたいならこちらです。

どういった人がこの職業に向いているかというと、まずは動物好きであること、そして動物に関わる業務を慎重にしっかり行う責任感のある人が向いていると言えるでしょう。



命を預かる職業なので、充分な知識とスキルを身につけ、公認動物看護師となって働き始めてからも勉強し続ける必要がありそうです。