犬の東洋医学生活管理士について

犬の東洋医学生活管理士とは、一般社団法人全日本動物専門教育機関の資格で、東洋医学に精通した獣医師の竹内裕司先生が監修しています。

犬の体質や気質を把握し、西洋医学と比較し、東洋医学の視点から犬の体調管理の知識を学ぶペット資格通信講座を受けて、病気になってからではなく病気になる前に、犬の体質を知り、病気になりにくい強い体にしていきましょう。
犬の東洋医学生活管理士通信認定講座は、3級と2級に分かれています。
3級では主に愛犬の健康管理の実践、東洋医学の基礎などのベーシックな内容を学ぶことができ、2級では食餌の基礎と実践、病気の確認や捉え方など学びたい目的に合わせて受講することが可能です。


どちらも2日間の講義を受け、講義で学んだ内容の確認テストを実施し点数によって合格となります。
講義は愛犬と同伴で受講できるので安心です。

犬の東洋医学生活管理士を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

犬の東洋医学生活管理士の資格を取得した後は、愛犬にあったケアや不調の時にできるケア、毎日の食餌から体質改善や病気になりにくい体作りのために、学んだ知識を活かすことができます。



また、動物病院やペットホテル、ドッグホテル、ペットシッターなどの様々な職業で、知識を活かし活躍されています。



犬の東洋医学生活管理士は愛犬の体質や気質に合わせたケアを学びたい人、愛犬が不調の時家でのケアの仕方ないを学びたい人、病気になる前に体質改善や強い体作りを学びたい人、東洋医学を学びたい人にオススメの講座です。